超名作「信長の野望」がスマホゲームに!

超大作シミュレーションゲームとして、1983年という古くから不動の人気を誇る信長の野望シリーズですが、新たなシステムを引っさげて「信長の野望 201X (ニマルイチエックス)」としてスマホゲーム化されました。
「新たなシステム」という部分なのですが、なんと今回はゲームジャンル自体を刷新してのリリースとなっています。信長の野望は歴史シミュレーションゲームとして有名ですが、今作ではバトルに重点を置いたRPGとして生まれ変わっています。
システムが新生していればストーリーも斬新なものとなっており、信長を始めとする戦国武将達が現代へと現れ、幽魔と呼ばれるモンスター達と戦いを繰り広げるという内容になっています。
そもそもメインイメージとして発表された信長の姿が、片手に日本刀、もう片方の手はなんと近代的なレーザー砲のようなものを持っているのですから、今作の意外性は予想出来ました。
ここまで書くと元々の信長の野望らしさが失われているのではないかと不安に感じるかも知れませんが、現代に現れた戦国武将という設定とゲームシステムは大変面白いもので、その斬新さを楽しむ事が正解なゲームと言えます。
バトルシステムは最初は少し複雑に思える、フォーメーションが重視されたものになっています。縦横3マスずつの合計9マスのフォーメーション上に武将達をそれぞれ配置し、配置した場所によって得意な能力を発揮させられるというものです。
慣れれば簡単なのですが、これがなかなか戦略性富んだもので面白いのです。シミュレーションゲームだった信長の野望が少し垣間見えます。
そして武将達を育成していく中、次々と手に入る近代的な武器を装備させ強化していきます。武器も多彩で小銃から拳銃、またはランチャーまで様々な物が手に入り、敵によって有効な武器を選択する事で有利に戦いを進めていく事が出来ます。
こういった所もなのですが、信長の野望シリーズで重要となる「戦略」は今作でも最重要ポイントとなっており、昔からのファンも楽しむ事が出来るゲームになっています。
新生・信長の野望を是非お楽しみ下さい。

Menu

HOME

TOP